こうした鉱石が発する微弱な電磁波を利用して、体幹や重心の安定を可能にしています。こうした状態を、整体師や接骨院の先生などは「身体に芯が入った感覚」とおっしゃっています。歩行時に足元がよろけず、万一の際に耐えやすい状態といえます。

使い方は簡単です

普段使っている履物に『転倒防止用インソール』を貼るだけ。中敷きがはがせる靴の場合は、中敷きの裏側に貼ってください。足の裏にインソールが触れないため耐久性に優れ、装着感もこれまでと同様になります。中敷きがはがせない靴やスリッパの場合は、履物の中に直接貼付してください。貼付する場所はつま先でも踵でも、お好きなところで結構です。違和感の少ない場所をお選びください。

効果の確認はどうすれば?

インソールを貼り付ける前にご確認いただくことをお勧めします。使用している場合としていない場合で、バランステストを行ってみてください。

二人ひと組になり左図のように立ちます。

バランスを崩される人(Bさん)は、体の前でしっかりと手を組み、少し前に出します。
バランスを崩す人(Aさん)は、組まれた手を真下に押します。
Aさんの組んだ手は少し前に出ているので、真下に押されることで斜め前方向の力が加わります。すると、身体が前に倒れてきますので、グラっとしたら足を前に出してバランスを取ってください。
インソールを着けた状態で同じことを行うと、体幹が安定してバランスが崩れないことがわかります。また、押している人(Aさん)も「動かない!」という感覚を得られます。

【ワンポイント】
バランスを崩される人は、腰や膝を曲げないでください。力が逃げてしまって効果がわかりにくくなります。どうしても曲がってしまう方や、効果がわかりにくい方は、少し重めの荷物を抱えて、押してもらうと、より分かりやすくなります。


この写真では、ウォーターサーバーのボトルを抱えて押しています。最初から重さに耐える必要があるので踏ん張る力が強くなり、腰などが曲がりにくくなります。

また、手を組む場所を背中側にするとわかりやすくなる場合があります。お試しください。

【注意】
強く押しすぎると肩や腰、膝などを痛める恐れがあるので、力加減には十分ご注意ください。